転職コンサルタントブログ

企業を『経営』すること。企業の『社長』であること。/野口

なんのこっちゃ?というタイトルになっておりますが・・・。
徒然ブログです、お付き合いください。

私たちが企業側から私達に求人をご依頼頂く際には、
多くの場合【必須】【歓迎】というような記し方で応募要件をお聞きします。

欠員補充にせよ、組織拡充にせよ、いずれの企業も事業上必要なポジション、
人材を採用したいという背景は同じです。

そして、できる限り、条件に合う方、マッチする方を求められることが多いです。
言ってみれば、いかにミスマッチじゃない方を探すかが要です。

しかし。
最近、採用支援のお話しでお会いしたお二人の社長は、業界は異なりますが、
その『ヒト』を理解した上で当初とは違うポジションや環境を打診してくださいました。

『採用』することで、新しい事業計画を立てられる!
『採用』することで、新たな経営ビジョンが立ち上がる!
と、求職者をご紹介した段階で、既に将来の可能性を見出し、
紹介(書類選考依頼)をした段階で、大変感謝して頂けました。

「この出会いで経営の未来が開けるよ、ありがとう」

経営者にとって、事業成長、利益追従の為の人材採用は投資です。
すぐに回収できる投資とは限りません。

共通していたのは、お二人の社長ともにご自身が経営者として事業を大きくしてきた方であること、です。
事業を守り次世代にバトンタッチしていくことも大切ですが、
常に革新的で社会に挑戦して事業を成長させていきたいというお気持が、
そういう言葉を生み出しているのかな、と、経営者にお会いするからこそ、感じた出来事でした。

新着求人情報

求人情報一覧