転職コンサルタントブログ

思い出の作り方 / 津田

日中は半袖の人を見かけ始め、
家にこもっているのがもったいないほど暖かくなってきましたね!

つい先日、80周年を迎える東山動物園に行ってまいりました!

週末ということもあり、
駐車場待ちの車で道路は溢れ、
入場するとたくさんの来園者で賑わっていました。

夜行性のはずのライオンやスマトラトラはサービスだぞ!と言わんばかりに
お客さんの前を行ったり来たり。

思わず携帯でパシャリ☆
SNSにアップ☆

なーんてしていると、
なんだか懐かしいものが目に飛び込んできました!

大きな板に紐がついてて、
紐を首にかけて、板をお腹あたりに固定して
画用紙留めて、絵を描くやつ…

皆さんも使いましたか?
私は小中学生の頃に使った記憶があります!

そう!!
東山動物園でも、小学生の子が画用紙に動物の絵を描いていたのです。

懐かしい気持ちとともに、
久しく外で絵を描いてないなぁと。

いざ絵を描こうとすると、
動物の表情や骨格バランス、皮膚の感じや雰囲気など、
絵心のない私でさえたくさんの箇所をよく見ると思います。

いつも写真をぱぱっと撮るだけですが、
ゆっくり時間を取り、絵として記録するのも
楽しい思い出になりそうだなぁと気付かされた日でした。