転職コンサルタントブログ

『終わり』の印象って大切。

今日は前向きな話です(^O^)

私が担当している求職者で、
電話の対応の“最後”電話の切り際が
素晴らしい方がいます!

電話の最後は『いつもありがとうございます!』
『引き続きよろしくお願いします!』
というありきたりの言葉なんですが、

元気があり、闊達で、言われた方は
心地よく電話を切れるんです。
そして、良い気分の余韻に浸れるんです。

毎回、必ず。

若手営業の子で、
器用さはないんですが、
イマドキっぽくなく泥臭さがあって、
苦労もしているし、ほんと好感を持てます。

文章にすると安っぽくなってしまうんですが、
心底気持ちが伝わってくるんですよね。

で、この方と話が終わって思うのは、
最後の印象ってとっても大切だなということです。

『終わりよければ全て良し』ではないのですが、
最後(=切り際、終わり方、去り方)
はほんと印象を大きく変えるなと思います。

もちろん、同じ位“最初”も大切ですし、
“中間”も大切、
要は全部も大切ではあるんですが笑。

ただ、最後でそこまで上手く行ってなくても、
一発逆転もできるし、

逆に最後で全然ダメーとなることもある訳です。

そういう意味で、
最後まで油断しちゃいけないし、

そこまでの流れが厳しければ、
起死回生を狙って行けるんだと
感じた出来事でした。

安西先生の言葉っぽいですね( ̄▽ ̄)

※2014/01/15 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/10/23 再編集≫