転職コンサルタントブログ

どちらのキャリアを選びますか?

さて、今日は
「同じ仕事が続く」キャリアと、
「違う仕事になっていく」キャリアどっちがいい?
という話です。

個人的にこの質問は個人の志向にマッチすることなので、
どちらかが良いという話ではありません。

言い換えれば、スペシャリスト志向か、
ゼネラリスト志向かという話です。

それぞれにメリット、デメリットがあります。
今日はそれぞれにどういうことがあるか
述べていきたいと思います。

■同じ仕事が続くキャリア
これはルーチンワークということではなく、
同じ会社で営業であれば営業。
経理であれば経理、と同じ仕事を何年もやっていくことを指します。

営業としては、長くやっていれば担当クライアントが変わったり、
目標数字が変わったりということもありますが、
基本的に職務内容は変わりません。

メリットは、
仕事の領域が深耕型で深くなっていくので、
そのポジションでできることが増えて、専門性が身に付きます。
この専門性は中途採用においては、転職のキーポイントです。
文字通りスペシャリストとして、キャリア構築できます。

反対にデメリットは、
同じ職務なので、新しい刺激が少なくなってくる、
業務が形骸化しやすいということがあります。

また転職の際にキャリアチェンジをするとなると
経験が少ないので、
年収が下がるということもざらにあります。

JOBローテーションがない、
中小企業の場合に起きやすい事象です。
私の今の仕事もこれに当たります。

■違う仕事になっていくキャリア
このキャリアは数年単位で仕事が変わっていきます。
例えば、
営業→購買→人事→営業というように
キャリアが変わっていくものです。

いわゆるゼネラリスト型のキャリアです。

メリットは、
慣れてきたころに部署が異動となるケースも多いので、
刺激を受けやすいということが上げられます。

また、転職してのキャリアチェンジはリスクが大きいですが、
社内異動であれば、会社を知っている分リスクは少ないです。

なによりその会社での様々な仕事に触れられるので、
職位が上がった場合に、
相手の立場を理解しやすく全体を俯瞰して
見やすくなるということが上げられます。
いわゆるゼネラリストです。

反対にデメリットとしては、
様々な業務は経験しているものの、
専門性が年齢とのバランスを鑑みると低くなってしまうため、
転職価値は低いということや、
希望外の仕事に就くケースも多いので、
自分で望むキャリア像を描きにくいということが上げられます。

大手出身の40代以上のキャリアが評価されにくいのは、
様々な理由がありますが、このゼネラリスト型のキャリアも
敬遠される理由の1つです。

つまり、帰属意識が高い場合は、メリット享受も多いですが、
個人に重きを置く場合、マッチしないケースが多い気がします。

どちらのキャリアにしても一長一短ですので、
何がどうということはありませんが、
いずれの場合にしても、
「他社でも通じる人材になるために」という視点を持ちながら、
仕事をすることが大切だと個人的には思っています。

※2014/05/21 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/10/26に再編集≫