転職コンサルタントブログ

よしもとに学ぶ付加価値!? / 野口

今回は野口が担当します。
今週は台風の影響で天候が不安定ですね。
どのエリアも被害が少ないことを祈るばかりです。

8月の終わりですが、長男の誕生日プレゼントとして
、彼が希望したよしもと新喜劇を観るために大阪へ行きました(^^)

長男と二人だけで外出するのは本当に久しぶり。
いつもは次男に気も手もとられて、長男にはどうしても自立を促してしまい・・・
とは言えまだ6歳男児。
母子二人旅をとても楽しみにしてくれていたようで、
早朝から彼のテンションについていくのがかなりしんどいスタートでしたが、
無事になんばグランド花月着。

実は今回、『おめでとうチケット』を内緒で予約しておきました。
内容は
・優先入場(トイレを待たなくてよくて助かりました^^;)
・優先席指定(中央前から3列目!)
・ウェルカムドリンクプレゼント(これはまぁ、普通ですね)
・お土産付き(お菓子やステッカーなど)
・開演前、若手芸人がステージで『おめでとうセレモニー』を行い、該当者の名前や顔をスクリーンに表示。会場全体でお祝い!
→これがメインです☆

そんな事を知らない息子はお菓子をポリポリ食べながら、芸人さんの前フリを堪能。
突然スクリーンにポップコーンをほおばる自分の顔がアップになりフリーズ((+_+))
『今日はお誕生日でお祝いの方がいま~す!○○くん、どこに居ますか~?
お、お菓子食べてる君かぁ。お誕生日おめでと~!!!』

そこから息子の席まで芸人さんが降りてきて、マイクを向けてくれるわけですが・・・。
いつもは饒舌な息子。全く喋りません。
と、言うか何が起きているのか6歳を迎える男児には応用が利かないようです(笑)
『びっくりするわなぁ。じゃ、代わりにお母さんに聞きましょか?』となり
いくつかインタビューされましたが・・・

私もたいして面白いこと言えず。チーン(=_=)

それでも後からじわじわと喜びが来たようで、
会場で撮ってもらった写真や出来事を嬉しそうに思い出す息子を見て、
母は自己満足です。

いざ開演すると新喜劇の前に漫才が1時間強続くのですが、
出演陣が
桂小枝・オール阪神巨人・トミーズ・西川きよし・・・・
まるで正月の演芸大会です。
私世代でギリギリ、息子は(..)

ただ、世代を超えて下ネタには反応するらしく、6歳男児もそのネタ系には大笑い。
けっこうお腹いっぱいになったところで新喜劇。
終了時には満腹。二人とも笑い過ぎて放心状態でした。

こんな盛りだくさんで通常料金+500円!
笑いのツボはそれぞれ違うので、満足度を図るのは難しいのですが、
私としては付加価値の高いお買い得チケットでした。

さて。
その日の新喜劇は今週末10日(土)放映です!
録画して余韻に浸りたいと思います。

新着求人情報

求人情報一覧