転職コンサルタントブログ

プロとして働く / 野口

仕事もプライベートも、
『やりたいこと』と『やらなければならないこと』のバランスがうまく保てなくなると、
自分の足元がぐらついちゃいます。

To doリストにチェックが全くつかないまま週末を迎える日々も多い今日この頃・・・。
1日、1週間が瞬く間に過ぎていき、毎日もう少しゆとりを持ちたい野口です。
皆さんはいかがですか?

そんな中。『やらなければならないこと』の1つだった携帯電話の機種変更にようやく行きました。
携帯の料金設定や囲い込みからのインターネットを含めての様々なプラン、
一度や二度ではなかなか理解できません(私だけかもしれませんが・・・)

で、今回は事前に一度訪店し、プランも見直し、機種も決めておき、いよいよ手続きに行ったのですが、
予約の際に担当してくださった方がお休みなのが分かっていたので、あらかじめ別の方に引き継ぎをしていてくれました。

手続きを進めていく中で、予約時に案内された事と違う条件、プランで契約が進められていることが分かりました。
簡単に言えば、案内されていた月々の支払料金より数千円高い設定です。
他にも複数予定と違う内容が。
あれ?おかしいな?
その部分を聞いてみると
「このようにされると引き継いでいます。」
「その時の担当が居ないので分かりませんが・・・」

そう聞いているかもしれないけど、私は同意できないし、改めて今求めているニーズに対応して欲しいと伝えました。
しかし、彼が言いたいことや説明される内容があちこちに派生しており要領を得ません(=_=)
「しばらくお待ちください。」

どうやらバックヤードで再度引き継ぎを確認している模様。
そして、上長に対応策を求めているようです。

・・・私クレーマーみたいじゃん(=_=)ちょっと嫌な気分。
しばらくすると、
「では、解約できるようにしましたのでもう一度取り消してやり直します。」
でも、その表情はとても面倒な業務をこちら都合ではなくやっています。
というように見て取れます。

・・・なんだかやっぱり嫌な気分。

結局、相違はあるものの、
私の許容範囲内で収まったので2時間強の手続きを済ませて帰宅しましたがなんだかぐったり。
予約の担当だった方は嫌味もなく、的確な対応だっただけに、その方が誤って説明されていたのか、
私の理解度が低かったのかわかりません。

長時間にぐったりなのではなく、
当日担当してくださったお店の方の対応や発言される内容を理解するために費やした気持ちが萎えてしまったぐったり感です。

何でもですが、自身の生活に密着していない事に関しては情報も少ないし、理解度が低くて当然です。

でも情報や物を提供する側はプロフェッショナルで居るべき、居てほしいかな。
相手の理解度を把握しないまま進めていくと、後々トラブルやクレームにも発展しかねませんしね。

最近、私にも仕事上で思い当たることがあり、改めて『その道でプロとして働く』という戒めを自覚し、自責する週末でした。
今週は日々穏やかに過ごせるよう、足元固めながら頑張りたいと思います!