転職コンサルタントブログ

人を引き付ける会社にはストーリーがある。

私がキャンプにハマり始めているというのは、
以前も書きましたが、
カンブリヤ宮殿でハイクラスのキャンプ用品のメーカーである
「スノーピーク」が取り上げられていました。

感想は、
メーカーは商品誕生ストーリーが商品を惹きたてるなと。

どの商品もストーリーや
独自のこだわりがあるっぽいんですよね。

漫画の「ONEPIECE」もそうですが、
ストーリーで深みをもたらしますよね。

番組を見ていて、
ストーリーはファンを増やすなと改めて思いました。
同義語は「うんちく」だったり、「こだわり」ですかね。

一番関心したのは、
村上龍が商品のチェアに座り、
質の高さを言葉で表現できないと言っていたんです。

作家が言葉にできない商品を作るって凄くないですか?

いやー素晴らしい。スノーピーク。
社長の本が最近出たようなので、読んでみたいです。

そして、思う。
読んだら、商品が買いたくなっちゃうんだろうな。
我慢できるかな(>_<) そして、考える。 これを自分のサービスで横展開できるか? 法人も個人もストーリーで語るってことが、 上記に該当するのかな? 私自身にそれを纏わすことはできるのかな? やっぱストーリーって大切だなと思う今日この頃。 これがハマるときは転職支援もスムーズだったりします。 自分はストーリーのある人生送れているかしら? そんなことを思う秋の夕暮。 ※2014/09/22 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/11/12 再編集≫