転職コンサルタントブログ

会社への不満は転職しても変わらない訳。

今日は真面目な話!

いつも真面目ですね笑。

油断すると、すぐ文章が硬くなる・・・。
自分の課題だけど、これはもう変わらないな。

話が面白い人がほんとうらやまーな今日この頃。
まあ、ないものねだりですな!

さて、
2年ほど前から『中部人材開発協会』という
企業人事のキーマンが16社ほど集まる人事勉強会に
参加させていただいています!

自主的な発足で始まった勉強会なので、
熱量が高い人事の方がほんと多く、
私も参加するたびにパワーと刺激をもらいます!!!

参考HP:http://chubuhr.jugem.jp/
※興味ある人事の方は金子までご一報ください。
ご紹介します。

普段は採用を切り口に企業アプローチしていますが、
当然、人事の仕事は採用のみならず、
教育、人事制度、ダイバシティ、労務等
多岐に渡るわけで、改めてこの状況を理解した上で
人事の方に対峙しなければいけないなと思う次第です。

さて、前回は参加者の自社の人事課題の共有という
内容だったのですが、
思っていた以上に各社の課題は共通課題が多かったんです。

例えば・・・

・次世代リーダーが育成なかなか上手くいかない
・新規事業が育つ環境になっていない
・社員のセカンドキャリア構築

7個位の共通する課題がありました。
事業フェーズや事業内容によって課題は変わるので、
もちろん、全部が全部共通ではないですが、
共通するものが多かったのは、
自社の状況も含めて、事業規模問わず課題どこも似たようなものなんだなと
新しい発見でした。

ん?????

ここからが今日伝えたいこと。

そう。これらの課題を聞いていて
1つ思ったことがあります。

それは、この課題を理由にして
転職を検討されている人は意外と多いと。

例えば、わかりやすい例としては
人事課題として、
・新規事業が育つ環境になっていない
というのがありました。

他方で、求職者は
・事業が衰退しはじめているが、
次のビジネスが会社としては見いだせておらず、
将来の不安を感じて、転職を考える。

!!!

ということは、会社の将来性の不安を感じて、
転職しても次の会社でも同じことが起こることが
多いということなんです!

こういった転職理由の場合、
成長企業に転職されるケースが多いのですが、
その企業の成長フェーズが鈍化してくれば、
同じことが起こります。

!!!!!!

つまり、会社の課題の転職理由にしても、
同じことはどこでも起こるんです。

ということは、博打的に転職して
可能性にかけるより、
現職でそれに向き合い戦うことを
まずするべきなんです!!

となりの芝生は青く見えるんですよね。

そして、転職希望者で多いのは、
戦わずしてこの決断をされる方が多いんです。

もちろん、一緒に戦う仲間がいるかとか、
戦える環境があるのかとか、
各論では色々あるのですが、

どうぜ戦わなくならなきゃいけないのであれば、
勝手知ったる環境で戦うのが一番の近道だと思います。

しーん( ̄^ ̄)

言うは易し、行うは難しですよね。

偉そうなことを行ってますがね、
今にして思えば、戦わずして転職したのは、
何をかくそう私です・・・(>_<) 私はたまたま転職した先が良かった。 それだけです。 その代わり、今は戦ってますね。 結局、逃げててもなんもかわらんのですよね。 転職や現職経験を通じて、 そんなことを学びました。 なので! 話が長くなってしまいましたが、 会社のせいで転職することはオススメしません。 まずは自分のやれることを見つけ、やりきる。 それから転職でも全く遅くありませんよ。 ※2013/12/11 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/10/30に再編集≫