転職コンサルタントブログ

働き方に対する考え方、それぞれ。企業はそれをどう受け止める!? / 土田 有人

こんにちは、R4CAREER土田です。
先日お話しした方で、働く意欲が大変高く、志向がすごく貴重だな
と思ったことがあったので、今回はそのお話です。

20代後半で、現場仕事や管理業務に務めながら、
労働環境よりも安定性よりも
とにかく体を動かしながら、がむしゃらに働きたい
そんな志向をお持ちの方でした。

若い方で、こんな志向は珍しいなと感じました。
それとは逆に、労働環境がいいところ、安定性しているところで
働きたいという志向もあるかと思います。
どちらかと言えばこちらの志向の方が、最近では多いのではないでしょうか。

お話ししたいのは、労働環境、安定性を求めることがダメというわけではなく、
それよりも上回って優先するポイントが
その方にはあったということです。

とは言え、優先するポイントをどこに置くかで、
印象は大きく変わってくるなと改めて実感しました。

環境を厭わず、働く意欲がより高い方は、企業にとってうれしいものです。
どんなに経験がなくても、教えたい、育てたい、
一緒に働きたいと思ってもらえ、
採用になることがあります。

ただそれを単にラッキーと受け入れる企業は、
きっと定着という点で、社員を守ることが課題になってくるのではないかと思います。

昨今では、働き方に対する取り組みが国主導で動いています。
裏を返せば、変えていかなければ、
生き残れないような国のあり方になっていくのだと思います。
働き方を変えていこうと、トップが決断することは大変大きな決断です。

だらだら仕事をすることは当然よくないですが、
良い意味で、労働環境を厭わない方も、
生産性を上げ、効率よく仕事を終わらせ早く帰ることが求められます。

とは言え、慢性的な人手不足の業界はそう簡単にはいきませんが、
社員を守るという、会社の考え方が大事なんだと思います。

働くことに対して、さまざまな考え方の人が共存する組織の中で、
今後会社として、どう考え、どう変えていくかが、
生き残っていくカギになっていくと思います。

環境重視の方も、『今』を見れば、業務負荷も掛かってくるかもしれませんが、
企業としてそれをどう捉えていて、
変えるために本気で取り組んでいるかという視点で見ると
エントリーの可能性が広がるのではないでしょうか。
私もその点はしっかりとヒアリングしていこうと考えています。
参考になればと存じます。