転職コンサルタントブログ

内定=プロポーズ?/鈴木

こんにちは!R4CAREER鈴木です。

10月も中旬、寒暖の差が激しくなっている日々ですが、皆様体調は大丈夫でしょうか?

そんな中、私ごとですが来年のウィメンズマラソンに当選し、初のフルマラソンに挑戦することとなりました!

体調管理の意味も含めて少しずつトレーニングを始めていこうと思います♪

私も走ります!という方いらしたら是非お声掛けください(^^)/

 

さて、今日のテーマは「返事のスピード」。

 

人材紹介の仕事をしていると意向や結論を示して頂くシーンがとても多いです。

求職者の方からは企業に応募する・しない、企業側からの各選考過程での合否。

次の選考のご案内を頂けば、受ける・受けない。

内定が出れば入社する・しないなど。

 

企業と求職者の仲介役を担う私たちは、日々様々な場面で求職者側と企業側の意向を確認し双方にお伝えしています。

とてもスピーディーに対応頂けることもあれば、一週間以上時間がかかってしまうケースなど様々ですが、

良い返事であろうと悪い返事であろうと、何れも早いタイミングが良いということです。

ご縁がなければそれまでなのですが、良い結果であればあるほど、時間がかかってしまうともったいないです。

実際にスピード重視される求職者の方もいらっしゃいますし、他社は受けていないけれどこんなに時間がかかっているのはもっと良い人が選考に出てきているから?

こんなに時間がかかっているのではどうしてだろう?とご不安になる方もみえます。

早く合格を出すとありがたみが出ない!という考えをお持ちの方もみえますが、

現在の転職マーケットはスピードも重要です。

 

逆に、内定承諾までに時間がかかる場合も同様です。

承諾してくれない理由は?

何か不安なことがある?

他に受けている企業があるのでは?など企業も不安に思うことがあります。

 

突然ですが、「内定」を「プロポーズ」として想像してみましょう。

お互いに良いと思っているのにプロポーズに時間がかかっている、

プロポーズしているのに返答に時間がかかっている。

どちらも不安になりますし、実るものも実りにくくなってしまいますよね。

御縁がない場合もしかり。期待を抱かせてしまうこともあるので、

何れにせよお早めにご連絡を頂けるのがベストです。

 

分かっているものの、、、というのが現実かと思いますので、

どうしても時間がかかってしまう場合は事情や状況を密に共有頂けると、私たちコンサルタントが仲介役としてフォローすることが可能ですのでお気軽にご相談いただければと思います!