転職コンサルタントブログ

売上目標を立てなければ正しいことができる???

会社は異なりますが、私が尊敬しており、
業界歴も30年以上あるベテランの方が、
名古屋に出張でいらっしゃった際に、
呑みに連れて行ってくださったとき
こう仰っていました。。

自分で独立して、売上目標というのを立てなくなってから、
本当の意味でお客様の為にという仕事が出来るようになった。

詳細を伺っていくと、
営業は目標を持っている以上、
達成することが責任であり、数字を上げることが使命。
ただ数字を追うがあまり、
時にはお客様第1優先じゃない時もあると。

営業経験者であれば誰でも思うことですよね。

ただ、独立してからは自分の数字に追われなくなったので、
本当に自分の信念に基づいて、仕事ができるようになり、
それが僕にはよかったかなと仰っていました。
目標は魔物だよねとも仰っていました。

深い話だなと思いました。

仰っていることはごもっともなんです。
しかし、独立している以上、売上(厳密にはその中にある利益)が立たなければ、
会社の継続はない訳で、
それはキレイ事では済まない訳で、

他方で独立してもう10年近く経ち、この業界に長く従事されてきた方が、
それでもそう言えるって本当に尊敬できました。

そして、もっと凄いことは、非常に稼がれているんですよね。笑

もちろん、そこに行き着くには様々な経験や葛藤があって、
時間の経過があって、少しずつ醸成された考え方なのだと感じました。

いや、僕が考察すること自体がおこがましいですね。

ただ、20年後に私もそうやって言えるような
キャリアを作っていかなければと思いました。

そうやって言えない時、私はこの業界に残れていないかもしれないな。
と頭をよぎった際に、

『金子さんはまだそんなことを考えてはダメ!
まずは目標をやりきり続けること!』と叱咤されました。

『ハイっ!!』

いつもご馳走になっているにも関わらず、
勉強させていただく場を与えていただき、
有難うございます!!!
このご恩を返せるよう頑張ります。

※2014/1/24 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/11/6 再編集≫