転職コンサルタントブログ

大事なのは思いで、常に考えることを忘れないでいたい。/土田

先日、ずいぶん前に連続ドラマとして放映されていた

医療ドラマのスペシャル版が昨年に続いて放映されました。

好きなドラマの為、なんともうれしく拝見しました。

 

なぜ好きかというと、

主人公が暑苦しいぐらいの思いを持って医療に立ち向かっており、

そのスタンスが好きだからです。

 

簡単に言うと暑苦しい系のドラマが好きなんです。。。

 

リスクを恐れず、困難にも立ち向かい、

時には難しい手術にも取り組む。

医者として大事なのは助けたいという思いを持っていること

と考えている主人公がとても好きです。

名医は、天才なのではなく、常に考えている人らしいです。

 

その思いを持っているから、想定されるリスクは、

あらゆる可能性を考えて、それに備えて事前の準備をする。

つまり、「できること」から考えて、その「できること」を阻害する要因を分解して、

その候補をつぶしていくという考え方です。

 

この考え方は、この仕事に限らず、どんな仕事にも生かせるなと思います。

考えて、考えて、ゴールにたどり着く。

考えてなければ、意図的に次のゴールに行きつくことはできないと思います。

 

考えることを忘れないようにしたいですね。