転職コンサルタントブログ

時既に遅しとならないために・・・。

面談をしていると、
後5年早く気付いていれば・・・ということは多くあります。
例えば、35歳までフリーターとして勤務されており、
社員採用をめざしている場合。

例えば、派遣社員として、複数社で長らく働いており、
正社員登用を40歳近くで目指す。

希望退職制度に手を挙げることになってしまう方、等々。

我々紹介会社を使った場合は、
採用コストが発生するものなので、
タイミングという点では結構シビアです。
その場合は、ハローワークの活用をおススメします。

他方で、そこにアラームを自分で鳴らし、
20代で転職活動を主体的に動ける人もいます。

この差は何なのでしょうか?
話を聞いていると、
決断タイミングが遅くなってしまった方は、
危機感は感じていたものの、
行動するタイミングを逸してしまった。

もしくは、行動したものの、
上手く行かず、現在に至ってしまった。

というケースが多いです。
その点で、確固たる決意がその差を分けているのかな
と考えます。

このこだわりって、転職に限らず色々な側面で見られます。
Uターン転職の場合は、特に勤務地以外は
条件等悪化するケースが多いので、
二の足を踏む方は多いです。

人間だれしもが、目の前でマイナス面があれば、
躊躇するとはある種当然のことです。

そのため個人的な見解として、
決断するしないが、良し悪しではなく、
全ては「ご縁」として、受け入れるものとしています。

だって、明日のことは誰もがわかりませんからね。
最近そんなことを思います。

※2014/09/16 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/10/27再編集≫