転職コンサルタントブログ

未経験募集を企業視点で考える。

以前から、求人が増えてきたことは、
何度もお伝えしいますが、本当に増えています。

東海地区については、私の主観ですが、
『売り手市場』ではなく、『長売り手市場』です!

『超』違いでした・・・(>_<) 私もこの会社への転職がそうでしたが、 こういう需給バランスの時は、 異業界や異職種への転職も 本人の意欲や人物ポテンシャル次第で、実現できます。 今の仕事は長く出来ないと考えている方が もしいらっしゃるとすれば、 この機を逃さないことをほんとオススメします! そこでっ!気になるのは、 応募者視点で言えば、未経験歓迎の文字。 この信憑性って「果たしてどうなんだ?」 と思われている方も多いはずです。 今日はその疑問を企業視点で回答します。 今の景況感の場合、 企業が未経験でもOKというのには、 大きく分けて2つ理由が挙げられます。 1、未経験でも育てる仕組みがあるから、未経験歓迎! 2、経験者が採用したいけど、人員増強が必須だから 募集ハードルを下げて、未経験歓迎! 多くは2、です。 1、があるのも事実で、 私のクライアントでも該当する企業もありますが、 これは稀です。 言葉を選ばず言えば、 見つけられればラッキー!です。 そう簡単には見つかりません。 多くは2、です。 では、その場合は何をポイントにすれば良いのか? ということになりますが、 私はマネージャー等の直属の上長が 育てる覚悟があるかどうか?が、 定着への鍵になると思っています。 ただ、これは面接で見抜けるものでしょうか? 見抜けることもあるでしょうが、 正直、面接の1時間そこそこで そう簡単にわかるものではありません。 では、求職者はどうすれば良いのでしょうか? 答えは、結局、転職が成功するかどうかは 自分次第ということになるので、 未経験でチャレンジする方は、 その転職先で是が非でも成功しようと 覚悟を持てるかどうかが、 定着への大切な要素になります。 なんだよ、答えになってないじゃないか! という声が聞こえてきそうですが、 結局はここに尽きると 多くの方と面談してきた結果、実感しています。 ですので、そこまでの覚悟が決まらないようであれば、 私は現職に不満や不安を持つのはやめて、 今の会社に向き合うことをオススメします。 その方が結果的に良い方向に進みます。 未経験応募は、 他責ではなく、自責に置くことが成功の鍵ですっ!! 検討中の方は、ご参考にしてください。 ※2013/11/13/金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/12/9 再編集≫