転職コンサルタントブログ

本音が見えにくいと信用も得難い。

「本音が見えにくい」
これ、私の課題です。
よく言われます。本音が見えにくいと。

本当は全部、本音なんですけどね。
ただ、冷静に淡々と話すことが多いので、
そう捉えられることが多いです。

他方で、
私のビジネスは、信用ビジネスですので、
この本音が聞けているか?
というのが肝です。

企業側にも、求職者側にも言える話です。

そのため、どうやって本音を言ってもらえるか?
とても大切です。

実際、色々と会話の中で糸口を探すのですが、
ほつれた糸は見つからない時は、
見つかりません。

となると、私みたいに抑揚がないだけなのか?と
仮説を立てますが、
結局はわからないまま時間が過ぎていきます。

そうなると、お互いの距離が近づかず、
なんとなくしっくりこないまま場が終わります。

これはせっかく互いに時間を作っている
双方にとって良くないことです。

そのため、この課題を改善するためには、
まずは自分から心を開かなければいけないなと
最近、感じています。

こちらが心開いていないのに、
相手が開いてくれる訳がありません。

そんなスタンスにたって、仕事をしていかなければと
再認識しています。

簡単に変われることではありませんが、
表情ひとつから意識し、
続ける中で変えていきたいと思ってます。

まずは自責性をもってできることから改善していきます。

※2013/10/07 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/12/25 再編集≫