転職コンサルタントブログ

百聞は一見にしかずの保育士体験/野口

寒波襲来!例年よりはずっと遅めではありますが、やはり寒くなるんですね。

温浴効果の高い入浴剤を入れたお風呂が日々の楽しみになる季節になりました。

 

先日、子供が通う保育園での『保育士体験』に参加しました。

1日のうちの数時間だけ体験するだけではなく、朝8:30~夕方4:00まで、しっかり保育士として子供と生活するんです。

 

長男が年長で通園している際にも経験しましたが、今回は次男(年中)クラス。

なんとなく要領はつかめているつもりでのスタートです!

 

公立の保育園なので、お勉強の要素が強いカリキュラムも音楽や運動に特化している園でもありません。

 

9:00~16:00の基本保育の時間は大きなイベント準備が無い限り『自由遊び』『団体遊び』『給食』『おやつ』で占められており、小さなアクシデントは勃発するものの子供たちは体感的に捉えている時間軸で行動しています。

 

1日を通しての収穫。

【子供たちは褒められると嬉しい!!!】

帰りの支度前に、今日1日を通してお友達の素敵だったところを伝え合う場がありました。

『○○クンが、給食を待っているときに背中がぴんぴんで良かったです』

『○○ちゃんが、ご挨拶の声が大きくて良かったです』

内容は何でも。とにかく、誰かに認められている!という行為が子供たちの自信や勇気に繋がるんですよね。

 

ここ数年、小学校からのメッセージや習い事でも『褒める』『良いところを見つける』というキーワードを多く聞く気がしています。

世の中、殺伐としているのでしょうか・・・。弱いところを詰めてしまっているのでしょうか・・・。

いや、自身の胸に手を当てても思い当たる節はあります。

難しいことではないはずですが、私の育児生活の中では時々どこかに行ってしまっているポイントです(><)

 

【先生は忙しい!!!】

まずは子供が安全に安心して過ごせる環境づくり。

一分として同じ事が起きない状況での子供へのフォロー。

書き物、読み物、創作、配膳、それに伴う準備と後片付け、事務仕事、研修・・・。

相手が子供である故に、予期せぬことも多々。

日中はあっという間に過ぎ、勤務時間外の仕事、結構多いんだろうなぁと暗に想像できます。

 

いつもは登園時、降園時併せて3分足らずの滞在でしかない保育園。

日々、子供の口からその日あったことを聞くのは楽しくもあり、時として不安もあり。

終日過ごせたお陰で、発言の背景や思惑が垣間見れた貴重な時間でした。

 

何でもですが、体験することは有意義ですね。

最近は体験型の旅行やイベント、どこも大繁盛です。

 

転職支援のキャリアカウンセリングは、もちろん実体験はない事が多いので推測でその方の職務や経験に触れていく事になります。

魅力的な方や企業に出会うと、『そんな仕事もあるんだ!なんて面白そうなんだ!』と

素で興味を持つことも多くあります。

 

体験することができない分、私たち想像力、いや妄想力!?を高めて、いかにリアリティを持てるかが大切です。

 

【百聞は一見にしかず】ではありますが、それを補うほどのヒアリング力を高めたいと思った保育士体験でした。

新着求人情報

求人情報一覧