転職コンサルタントブログ

私の求職者に向き合う姿勢。

さて、今日は転職動機について、お話します。
20代の転職者の方の多くは、転職理由をお聞きしても、
明確なものがなく、『なんとなくいや』
ということがたまにあります。

転職理由は複合的な理由が重なってという場合が多いので、
そのアウトプットが『なんとなく』となってしまうのは、
仕方ないです。

ただ、本当に決め手を欠くまま、
転職してしまいそうなケースもあるので、
その点は気を付けなければなりません。
いや、その状態であれば、転職してはいけません!

そして、『なんとなくいや』の場合、
ほとんどの方が、
次に何をしたいかが不明瞭なケースが多いです。

このまま転職活動をすると、大抵面接でその部分を見抜かれて、
面接で不合格となり、自分の甘さに気づけることもありますが、
そのまま採用されると、その後大変苦労してしまいます。

実際、そういう経緯を経ている求職者を
今まで多く見てきたので、
これは自信を持って言えます。

求職者の中には、私の力不足で上記を
ご理解いただけない方もおり、
そういう助言はいらないので、
求人を紹介してくださいという方も稀にいらっしゃいます。

私の考えが伝わっていないので、
自分自身にガックリしますが、
もっと求職者に向き合えるコンサルタントに
成長しなければいけまないなと思っています。

ゴールはないですが、
一人でも多くの方に「自分に向き合う場」を提供するのが、
僕の価値だと思っています。
そのため、この姿勢はずっと失わずにやっていきたいなと思います。

※2014/04/04 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/11/27 再編集≫