転職コンサルタントブログ

転職後の定着の為に一番必要なこと。

だいぶ、朝晩冷え込むようになってきましたね。
僕も少しずつ朝布団から出るのがおっくうになってきました。
季節の変わり目は体調も崩しやすいので、
体調管理にお気を付けください。

今日は、転職後の定着について
一番必要なことを書いていきたいと思います。

それはずばり、『謙虚さ』だと思っています。

一般的に転職の多くは規模が大→小に行くのは、
比較的容易ですが、
小→大に転職することは容易ではありません。

その意味において、
大→小に転職し、定着しなかった方は、
転職先を小馬鹿にしているケースが見受けられます。

例えば上から目線で物事を発言したり、
ダメなことばかりをただ指摘したりと
自分から周りの信頼を失墜させる行為を繰り返すもそれに気づかず、

気がつけば、孤立し、
結果、居づらくなり、
退職するというケースが多いようです。

そして、
退職後もその転職先の至らない点ばかりを指摘し、
「こんなはずじゃなかった」と
他責にする。

そんなお話を企業の方から業界問わず、
定着しなかった悪しき例として、
よく伺います。

私も元々大企業にいたので分かりますが、
大企業と中小企業は、
就業環境、福利厚生、インフラ設備、
社員教育にかける時間、給料体系、新卒入社の学生層等
何から何まで異なります。

ただ、だからと言って、そこに勤めている
社員の方が凄いわけではなく、
あくまで組織が素晴らしいというだけの話です。

これを自分の実力と勘違いして、
転職先に同じものを求めるというのも、
ナンセンスです。

従って、『謙虚』になり、
それはそれ、これはこれとして、
現実をしっかり受け止め、
その中で納得し、
それを踏まえたうえで、
どう対処していくかが大切です。

普通、中途入社で入ってくる方への
周りの目は『おてなみ拝見』です。

ですので、『謙虚さ』を常に持ち、
周りの様子を伺いながら、
自分の得意領域で本領を徐々に発揮し、
(徐々にということが大切です。)

少しずつ周りの信頼を勝ち取り、
自分の居場所を作っていく姿勢が大切です。

これから転職を検討されている方のご参考になれば幸いです。

※2013/10/18金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/12/10 再編集≫