転職コンサルタントブログ

転職理由の本音で多いのは。

多くの方の転職理由となっているのが「人間関係」。
風土からという方も中にはいらっしゃいますが、
多くは上司との人間関係に問題のあるケースがほとんどです。

社員つぶしで有名な上司もいらっしゃったり、
単純に相性が合わないというケースがあったり、

他方、自責性の低い部下が上手く育たず、
パワハラ等で訴えられ、
上司が処分を受けるケースもあります。

様々なお話を伺うと、
上司だけが一概に悪いと言える話ではなく、
根が深い話が多いです。

他方で、企業側からすると、
転職理由で「人間関係に問題があって・・・」というのは
受け入れにくく
選考通過しないケースが多いです。

人間関係の問題は、どこでもあり得る、起こり得る問題だからです。
ごもっともです。

ここで議論になるのが、
自責性の高さと低さ。

私はブログの場でも自責性の重要性を
ずっと発信していますし、
本質は今もそうだと思っています。

他方で、自責性だけでは、
この人間関係の問題を凌駕しにくいことも
多々あるのかなと思います。

その点で、自責性だけでは片づかない
問題の場合もあるなと感じることもあります。

最近は、この見極めをきちんとしないと、
転職後の活躍という点で、
マッチング度が高い転職支援ができないのではと考えています。

時には転職理由を
人間関係としっかり伝えることも大切かなと思います。

私の中でもまだ感覚値で、言語化できていないのですが、
その視点も徐々に醸成してかなければなりませんね。

※2014/04/21 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/11/10 再編集≫