転職コンサルタントブログ

運動会の判定に悲喜交々。

先日、息子の運動会がありました。
私に似ず、足の早い息子はリレーの選手に選ばれるほどなんですが、
自分の徒競走の際に、まさかのスタートダッシュでコケて、
大きく出遅れましまいました。
それでも最終的に差し込んで1着!

ほっとしたのもつかの間、
まさかの2位判定。

自分の撮影していた連続写真を見返したら、
僅差ですが、最初にテープを切っている。

普段だったら、
「まあ、しょーがないか」となるんですが、
証拠写真もあるので、
イライラしてしまい、先生に抗議してくるかと思った矢先、
またしても別の子で誤判定が・・・。

会場も「えー」となっていて、
うちの息子だけなら、
まだしもほかにも同じような心境にさせたら、
「いけないでしょー」と思い、

こりゃ、結果は覆らないけど、
ちゃんと伝えないけないなと思って、
先生のところに行こうと思ったら、
奥様に制止されました。

珍しく頭に血が上り、
カッっとなっておりました。

少し時間が経ったら、
これで親がしゃしゃり出たら、息子がかわいそうだなとか、
人間の判定だから、誤審はつきものとか、
色々と反省しました。

まだまだ修行が足りません。

当の息子は、
走る直前に乳歯が抜けたばかりの前歯に隙間を見せながら、
『おれ、コケてしまったー』と苦笑いしていました(^_^.)

本人が納得しているならそれで、万事OKですね。

※2014/05/26 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/10/29 再編集≫