転職コンサルタントブログ

5年後、10年後の将来の不安を失くす方法。

さて、
今日は多くの方が抱える将来の不安について、
書いていきます。

お金の将来の不安は、
私も含めて、誰しもが考えるところですが、

転職において将来の不安で言われることが多いのは、
「5年後、10年後も現職で働き続ける
イメージがわかないんです」
という声。

僕は正直、明日はわからない世の中なので、
そんなの当たり前じゃん!
と捉えています。

しかし、この中にも色々とあって、
例えば、
「会社が若く、社歴の長い先輩がいないので、先がどうなるかイメージがつかない」
という方もいれば、

「ハードワークで、今の働き方を定年まで続けることが出来ない!」
という方もいます。

はたまた「社内ポストが埋まっていて、出世できないから」
という方もいて、
不安の理由は様々です。

ただ、中には、
『5年後、10年後のポジションが予想がつくので、
転職して、将来の不安はなくなりました!』
という方もいます。

いわゆる年功序列がまだ緩やかに生きている会社で、
且つポストの人詰まり感ない会社へ転職された方です。

先日、お会いした元求職者です。
あまり聞かない例なので、お話を色々と伺いました。

もちろん出世争いはあるので、
その競争で勝ち続けるというのが、前提です。
本人もそこは理解されています。

また、出世争いに負けるイメージもないと
仰っていました。
この方は本当に優秀な方で、
謙虚さや、明るさも持ち合わせているので、
何か事件がない限りは、
上手く行くイメージがつきます。

一方で、その会社は100点かというと、
決してそうではなく、
歴史のしがらみがあったり、
トップダウンの色が濃く、
ハードワークを強いられ、
休日出勤も普通にある会社です。

そう、つまり人によっては転職理由になってしまう
状況が山積しています。

しかし、彼にとっては、
それを受け入れた上で、
それでも前職の将来性が見いだせない不安からすれば、
全く問題ないという発想でした。

ちなみに彼の不安は上位ポストが空かず、
今後のキャリアが描けないというものでした。
上位職が5年顔ぶれが全く変わっていないそうです。

この話を受けて、
転職は優先順位が大切だなと
改めて思いました!

※2013/11/29 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/11/25 再編集≫

転職コンサルタントブログ