働き方改革の次は働く理由改革

暖冬の恩恵は日々感じるものの、ウインタースポーツに興じる我が家には少し寂しく感じる野口です。

先日、有料職業紹介責任者講習を受講しました。

今更ですが。

平成19年に雇用対策法が改正され、求人に年齢制限を設けることが禁止されました。

皆さんがご覧になる求人票にも明確に何歳以上、何歳未満などは記載されていませんよね。

(だからOKだと思って応募したら、求める層と異なると断られた・・・なんていうことも

事実あるのですが。)

ただ、いくつか条件を満たせば年齢制限を行える場合があります。

長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合

という事例があります。

ここで言う「若年者」は、皆さん何歳位をイメージしますか??

厚労省の認識では、ここは『45歳』なんです。

  • 転職35歳限界説
  • 30歳を過ぎると途端に求人がなくなる

なんてことも聞きますが、30代はまだまだ若手!この制限に則ると、なんと私も若年層!です。

人生100年時代。

定年65歳。

この物差しで考えれば、確かに45歳は若年層という認識でも間違っていませんね。

「働き方改革」の次は「働く理由改革」

そんな中、最近気になる記事を見つけました。

個人的に好きなデザイナーさん「皆川明」氏が手掛けるブランド〈ミナ ペルホネン〉のセレクトショップが求人を出しました。

〈年齢は問いません。人生経験豊かな方、心が健康で100歳! 大歓迎です〉

100歳って!非現実的!?と思いませんか。

しかし、現実的に70代と80代の方が社員として採用されました。

もちろん、働くために必要な体力や環境をお持ちの方ではありますが、企業が大切にしたのはその方の

人生感そのものです。

「何をやっていた」という単純な経歴ではなく、「何を経験し、今何を思うか。そしてこれからどうしていきたいか。」という視点で選考をされたようです。

採用された方々のバックグラウンドは様々ですが、共通していたのは『自走性』と『経験則だけで判断せず周囲の声を聴きとる』といったスキル。

ご自身の中で、柔軟に変換できる脳があってこそでしょうか。

話を戻します。

条件や社名など見える範囲の情報だけではなく、自分が仕事をする理由をあらゆる角度から棚卸することで、

選択肢に無かった職種や企業との出会いもあります。

「働き方改革」のみならず「働く理由改革」

ぜひ一緒にこれまでの社会人ライフの棚卸をしましょう。