不動産業界で働くメリット

こんにちは。

建築・不動産業界の求人を担当しております岡です。

今回は、専門で担当している不動産業界の営業職についてお話ししたいと思います。

不動産業界の営業に対して、「きつい」「つらい」「ブラック」というイメージを抱く方もいると思いますが、実は、自分の資質や望みが上手くマッチすると、未経験でも門戸は広く開いており、長く働きやすい業界であり、仕事ともいえます。

そこで、不動産業界で働くメリットを、以下に4つ挙げてみました。

1・学歴や経験がなくても評価されやすい

学歴や経験の有無にとらわれることなく、本人の能力を評価する業界です。中途採用においても、学歴に関係なく未経験で採用され方たちが大きな成果を上げているのもこの業界の良いところだと言えます。

2・年齢に関係なく上へ行ける

前述したように、不動産業界は実力主義です。

そのため、若い社員でも着実に目標をこなしていけば、重要なポストへ就くことができる場合があります。

3・努力が報酬に反映されやすい

歩合制度を設けている企業も多いため、個人の努力や成果が月給や年収に反映されやすいという特徴もあります(会社によって固定給と歩合のどちらを重視しているかが異なります)。

20代で年収数千万円と言うすごい人もよく耳にします。実際に私が居た前職の会社にもいました。

4・大きなやりがいを感じられる

“住”の視点から人々の暮らしをサポートする役目を担っており、大きなやりがいを感じられます。

「ありがとう」「あなたに任せて良かった」これらの言葉を、一生懸命に仕事をした後にかけられると、「この仕事をしていて良かった」と喜びを感じると同時に、それがやりがいに繋がります。

以上のように不動産業界で働くメリットをあげてみましたが、一昔前とは違い、働く人たちの思考やタイプもずいぶん変わったと思います。

昔はとにかくお金を稼ぎたいタイプの人たちが不動産業界に集まっており、ガツガツ営業成果を上げ収入を得ていました。しかし、今の時代は、お客様自身が情報をたくさん持っている為、営業が商品の説明をする必要が無くなってきており、営業が自分の想いだけで成果を上げることが難しくなった時代ともいえます。そんな時代になったからこそ、これからは、お客様の心に寄り添い、お客様が幸せになるお手伝いをしたいと思える方こそが不動産営業に向いていると言えるのではないでしょうか。

そして実際に、そういった方のもとにお客様が集まります。

「どうしたらお客様が喜んでくれるのか」を考えながら営業を行わなければ、安定した数字を得ることは難しい時代と言えるでしょう。

時代も変わり、そんな究極のサービス業とも言える不動産業界に少しでも興味が沸きましたら、ぜひ弊社にご連絡下さい。

私がしっかりと皆様の想いをくみ取り、最適な不動産の仕事をご提案いたします。