面接前に準備する事

こんにちは!コロナウイルスの第二波が世界的にも巻き起こっていますね。

東京は緊急事態宣言後に30人が発覚するなど、日本でも第二波間近かもしれません。

こんな状況ですが、転職活動を行っている人は十分にお気を付け下さいね。

さて、本日は面接に臨むにあたっての準備することをお伝えします。

書類選考が通過した後、皆さんはどのように面接対策をしていますか?

面接対策をしていて感じたのですが、志望動機を気にする方が本当に多いです。

しかし、中途採用の面接において志望動機はさほど重要ではありません。もちろん気にする会社もありますが、志望動機を考える前に大切なことがあります。

それは、【自分がこれまでどのような経験をしてきたか】です。

これを簡潔に話せない方が非常に多いです。

よく職務経歴書の自己PR欄でも『様々な事を経験してきた』など抽象的な表現を使う方がいますが、経歴書において自身のPRが明確にできていない人は、自分がこれまでどんな経験をしてきて、自分の強みが何で、自分の強みがどのように活かせるのか、面接においても話せないと思います。

では、どのように話せるようにするのかですが、まずは自己分析をすることです。

面接で話せない人は自己分析を怠っている可能性があります。

自己分析を行っていてもうまくいかない人は、自分がマッチしない会社ばかり受けている可能性があります。

すなわち、自己分析がしっかりできていないのです。

また、自分のこれまでの経歴を振り返るときも、極力抽象的な言葉は使わないようにして考えてみてください。

常に『具体的には』を意識して考えてみてください。

これが面接対策の第一歩です。

更に細かい面接対策情報が気になるかたは、一度R4CAREERまでお問い合わせください!

あなたのご希望に合わせて面接対策いたします。