企業に自分をよく見せたい!

こんにちは。

前回のブログに引き続き、面接前に準備する事を考えていきたいと思います。

志望度が高い企業に、自身をアピールしたいですよね。

自己分析が完了したら、次のステップです。

【企業を調べましょう】

・企業HPなどで企業を知る

→取り扱っている商材、クライアント先、沿革など。

企業HP以外で情報を探すとすると、求人媒体の原稿がおすすめです。

中途採用の媒体よりは、新卒向けのサイトがあれば、そちらの方が企業の特徴が分かりやすく記載されている事が多いです。

・業界を知る

→未経験の業界へ応募されている方は、特に業界の特徴を調べてください。

  志望する企業以外にどんな会社があるか。競合となるのはどこか。

業界内のシェア率はどのくらいか。など。

  競合やシェア率は、調べてもなかなか出てこない可能性がありますが、

そういった場合は、我々のような人材紹介会社の担当者に聞いてみると良いです。

【求人票を読み込みましょう】

・求人と自身の接点を探す

→今までのどんな経験が、この仕事内容のどんな所に活かせると思ったかを考えていきます。

  活かせる経験は、

5W1H【Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)

で伝えると良いです。数字などの実績だけでは、相手に伝わりにくいのです。

・経験のない事があれば、理解する

→活かせる経験ばかり目が行きがちですが、

仕事内容に、経験のない事の記載があれば、この経験はないとはっきり伝えるべきだと私は思います。求人を読み込み、考えてくれたと企業は感じてくれると思います。

ただ、伝え方には気を付けてください。前提として、求人との接点があり、経験のない事が一部ありますが、このような仕事内容だと理解していますと伝える方が好印象です。

面接は、相手に自分を知ってもらう場です。

その場にいくには、自分を知り、できる限り相手を事前に知るべきです。

ただ、事前準備をしっかりしていても、残念ながらお見送りになる場合も多々あります。

1つ1つの機会を大切に、

ご自身が納得のいく転職をしていただけたらと思っています。

転職においてのご相談事等ございましたら、

お問い合わせください。