鬼滅の刃 無限列車

ご多分に漏れず、ロードショー3日目に家族で観てきました。

皆さんはご覧になりましたか?

いつもは子供の映画に付き合わない夫に『どうする?』と聞くと『行ってもいいけど。』と。

いや、行きたいならそう言えばいいのに、と思いつつR12の兼ね合いもあり4人で並べる席がある回を探して予約。

我が家には漫画が1~5巻までしかありません。

そして私自身は全く読んでおらず、いきなりの映画デビューです。

でも、子供たちは周りからの影響を存分に受け、全巻読まなくともストーリーは熟知しており、なんなら映画の内容もネタバレレベルで話し始める始末です。

まぁ、家族レクとして、行くことに価値を置き出かけました。

え?この漫画って、シリアスなの?ギャグなの?

『とにかく泣いた』と、ママ友から事前にコメントが来ていました。

【ドラえもん、のび太の〇〇】シリーズのように、ヒューマンドラマ的な感覚で臨んだ私はところどころで衝撃を受けます。

劇中の絵のタッチや行動に笑いが入る要素があるんですね”(-“”-)”

私たちの隣に一人で座っていた小学生(高学年女子)は、スクリーンに向って突っ込み入れながら(実際にかなりの声量で)楽しんでいらっしゃいました( ;∀;)

※ちょっと声の大きさ気をつけようね、と他人様のお子様にいつ注意しようか考え始めたら途中から映画に『全集中』できなくなったのは事実です。

炭治郎は正義感が強く、ホスピタリティに溢れ、性善説で進めるという子供にも分かりやすいキャラクターで、その脇を固めるキャラクターはそれぞれ強い特徴があり、ビギナーな私にも相関図が頭に描けました。

負った傷を自力で治癒しようとする術(全集中)

相手の急所を狙って何が得策かを考える術(剣術)

小学生の息子たちはこの映画を観てどう思ったのだろう。

悪者(鬼)にも襲う理由があるんだということかな。

仲間とのチームワークかな。

家族の大切さかな。

私は・・・自分が副交感神経を回復させる術として通っているヨガの呼吸との親和性を勝手に感じて腑に落ちました笑

興行収入はまだまだ伸びそうですね。

コロナ禍で沈んだ映画業界にも明るい話題であることは間違いありません。

映画を観て活力を得た人が、社会や学校で頑張れるなら、社会貢献性も高く回復の兆しになりますね!