がんばれ就活生

終息の見えないコロナ、

さまざまな企業の人員削減、

気分がどんよりするニュースが多いですね。

新卒の採用活動においては、就活生の就職難を緩和させるために、

政府は経済界に卒業後3年間は新卒扱いにするようお願いしていますね。

私が就活をしていた頃は、リーマンショックの直後で就職氷河期と言われておりましたが、

今就活をしている子たちに比べると、まだ企業は採用活動をしていたような気がします。

当時、就活をしていた私は景況感も理解せず、ひたすら大手志向でしたね。

今当時を振り返ると、幅広く企業はみておくべきだったなと思います。

世界がとても狭かったですね。

中小企業でも大手に負けない魅力をもっている企業はたくさん存在していたことを今の仕事を通じて知りました。

新卒の就活は大変厳しい状況ですが、もし就活が上手くいかなくても、その後の人生は自身の頑張りでどうにでもなると私は思いますから、希望をもって頑張ってほしいものです。