体力の低下を防いで、生命力を高めよう!

こんにちは!R4CAREERの岡です。

緊急事態宣言が延長された中、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私などは、今に始まった事ではありませんが、緊急事態宣言禍で更に体力低下を感じる事が本当に多くなってきました。近頃は、普通に何もない平坦な道を歩いていても、躓いて転びそうになる事もあります。

年齢とともに、体力が低下したと感じる場面は増えていきます。

そもそも体力とは何か?

体力の定義として学術的に一般的なのは「ストレスに耐えて、生命を維持する体の防衛能力」と「積極的に仕事をしていく体の行動力」です。
要するに、健康に生活するための体力と、運動をする体力の2つの意味が、体力という言葉に含まれています。

ここで私が思うのは、「心と体は一体」そして、体力=生命力と言うことです。

よく言われますよね?例えば、病気にかかって寝込んでしまうと、気持ちの面でも弱気になってしまいどんどん落ち込んだり、逆に仕事に対して責任感を持ち、「何が何でもやるんだ!」と、強い気持ちで取り組んでいるときには風邪もひかない。
皆さんも体験したことがあるのではないでしょうか?
体力の定義とされている「防衛能力」=「心」、「行動力」=「体」と考えた時に、体が弱ってきていると言うことは、心も弱ってきているのではないか、即ち、生命力が弱くなっているのではないかと考えました。振り返ってみれば、思い当たる節が多々出てきます。これはまずいですよね・・・

そこで私は、心を鍛えるのはどうして良いのか分からないので、まずは物理的に体を鍛えるところを始めてみようと思い、ボクシングジムへ入会してまいりました。体を鍛える事により、若いころの様に動ける体を作る。そうすれば、心と体は一体なので、生命維持の為の防衛能力も高まる、即ち生命力も高まるのではないかと思います。

まだまだ社会人として仕事をしながら生きていく時間は続きます。

より良い人生を継続するためにも、しっかりと体を鍛え、気力(心)も充実させれば生命力が強くなり、様々な事を乗り越える力となり、全てが良い方向へ繋がっていくと信じたいです!

今、転職活動をされている皆さんも、転職した先では結果を求められ、ストレスもあると思いますし、行動するための体力も必要だと思います。コロナ禍で、行動も制限され何かと大変なストレス社会をしっかりと生き抜いていくためには、心と体を充実させ、生命力を高める事が今まで以上に必要になってくるのではないでしょうか。

是非、転職後の人生をより良いものにするためにも、今のうちから体を鍛え、心身ともに充実させ、生命力を高める準備をしてはいかがでしょうか。