転職活動を始めるにあたって理解しておきたいこと

転職の目的は人それぞれです(これは今まで何度も話題にのぼっていますが)。

そして多くの方が転職先に求める要素として待遇や処遇の改善を希望されます。

【処遇改善その1:休み】
BtoCからBtoBなど商品やサービスの対象が法人に変わる場合等は週末休みや年間休日の増加は可能です。

【処遇改善その2:収入】
『給与、年収アップ』と希望されても入社当初から年収がこれまでより高く設定される方はほんの一部です。

その方々に共通する条件は、転職先となる企業や自分を売り出していく市場が

  1. 規模が大きく(商品やサービスの受容が高い)
  2. 拡大を続けていて(事業継続性や優位性がある)
  3. 自分の能力が活かせる市場(いわゆる即戦力。入社日から求められる事が遂行できるレベル)

という3つが揃った場合です。

コロナ禍において、多くの企業が事業や戦略の見直しをする機会が増えたとお聞きします。

それでも、成長や欠員補充のために採用活動も継続する。

そんな中、これまで重宝されてきた『ポテンシャル採用』の枠が一気に減りました。

【処遇改善その3:スキル醸成】
『今持っていないスキル』は転職では得られない事が多いです。
知識や経験が足りない場合、転職するよりも現職に留まってスキル開発に勤しむ方が良い場合もあります。
転職すると、その時点でのスキルが評価軸となりますが、社内の人材開発においてはポテンシャルや伸びしろ等アドバンテージをもらえる事が多いからです。

上記3点はデジタルチックにマッチングする場合に適応される事で、

私たちのようにアナログで採用支援をするエージェントでは、『実は活かせる経験』『埋もれているスキル』『可視化できる強み』を発掘します。

是非安心してお話してください。

東海エリアで転職をお考えの方はぜひ!
★転職相談する★