対人対応での注意点

こんにちは。R4CAREERの岡でございます。

近頃、よく思うのですが、電車の中で平気で電話をしている人やスマホを見ながらだらだらと歩いている人、混んでいる電車内でもリュックサックをそのまましょっている人などを見ていて、「この人は、いったいどんな人なのだろう」「周りに気を遣えない人なのだろか」と思ってしまいます。

しかし、それはあくまでもその人のほんの一部の一瞬の行動でしかなく、その人自体がどんな人であるかを総体的に測れるものではありません。

そこで、求職者の皆さんにも、一度考えてみていただきたいと思い、今回はブログを書きます。

我々の仕事は、求職者と求人企業の橋渡しをすることです。

そこに我々の介在価値があります。

しかし、我々を求人紹介ロボット、人材推薦ロボットとしてしか見ていただけない場合が残念ながら希にあります。

こういう場合、私自身の対応力や価値提供が足りないと思ってはおりますが、一方で残念だなと正直思います。

何が残念かというと、我々も、担当させていただく求職者及び企業担当者を人として見ています。

つまり、その対応の印象が我々の対峙者に対する印象になってしまうと言うことです。

どういうことかといえば、一つ一つの対応や印象がその求職者やその企業の印象に直結してしまうということです。

残念な対応をされれば、我々はその印象を相手に持ってしまいます。

どんなに優秀なご経歴の持ち主であっても、人としての印象はその単純な行動で印象付けられてしまう事があると言うことです。

従って、その点も踏まえた上で対応することをお薦めします。

一方で、逆も往々にしてある話だと思っていまして、私達も「R4CAREER」ではなく、「R4CAREERの岡」という個人としての印象を持たれていると思っています。故に、常に謙虚さを持って対応しなければいけないと思う今日この頃です。

★東海(愛知・岐阜・三重)エリアで転職希望の方★
求人検索はこちら
★転職について相談ある方★
転職支援サービス申込はこちら