RPAエンジニアの転職(40代/女性)

前職派遣会社
転職先技術系アウトソーシング企業
年収約500万円→約400万円

転職理由

プロジェクト終了により、派遣契約終了の可能性あり。出来たら、無期雇用にて就業したい。

エピソード

結婚出産後は、しばらく短期派遣にて様々な仕事を経験され、10年ほど前から、派遣で、VBAによるツール開発や、ここ最近は、UiPathやWinActorを使用し、RPAによる自動化業務に従事しておりました。

派遣先でも評価が高く、順調に業務を行っておりましたが、新しい派遣先にて、プロジェクトが軌道に乗っておらず、プロジェクトの終了の可能性が出てきたため、これを機に、プロパーでの就職を考えるようになったそうです。

まずは、面談において、今までどのような経験があるかを確認させて頂きました。開発経験はありませんでしたが、RPA構築や、VBAマクロによるツール作成の経験があり、また、昔、CAD(CATIA)を使用し、CADオペのご経験もありました。

また、一方でご家庭の事情から、収入はなるだけ下げたくないというご要望をお伺いしました。

ベンチャーの某技術系アウトソーシング企業へ提案したところ、興味を持って頂け、とんとん拍子に話が進み、ご登録から1ヶ月ほどで、入社が決定しました。

給与面については、今まで派遣契約だったため、単価が高く設定されており、今回は、正社員の無期雇用ということがあり、給与の希望は満たしておりませんでしたが、プロジェクト内容や社長や社員の人柄、会社の将来性に共感頂き、入社に至りました。

最近では、ITエンジニアの人材不足がますます顕著になっています。同時に、企業のDXが急速に拡大している時代背景もあり、こうした人材は非常に市場価値が高い傾向にあります。

昔は、40代、50代になると転職は厳しかったですが、ここ最近、特にITエンジニアに関しては、年齢に関わらず採用をしている企業も増えてきており、ITエンジニアの方々に関しましては、非常にチャンスの多い時代になっていると言えます。

★東海(愛知・岐阜・三重)エリアで転職希望の方★
求人検索はこちら
★転職について相談ある方★
転職支援サービスの申し込みはこちら