転職コンサルタントブログ

人事異動は成長企業では当たり前のこと【FB投稿 金子】

先日、前職の同じ課で仕事をしていた先輩と
ご飯を食べに行きました。

退職してから、全くお会いできていなかったので、
7,8年ぶりにお会いしました。
ちなみにきっかけはfacebookです。
よくある話ですよね。SNSの良いところですっ。

相変わらず、お元気そうでした!
久しぶりの再会ですので、話は盛り上がり、
当時同じ課で話をしていたメンバーの話になると、
ほとんどの方が、
部署異動されているということがわかりました。

10名ほどいましたが、
私の転職後の7,8年でほぼ皆さん、
今は違う仕事をしているそうで、
それはそれで凄いことだなと思いました。

そういえば、
私がスーパーバイザー(SV)を
やっていた頃の部課長は
それぞれ皆様ご出世されていて、
昨日も日経新聞に出ていたり、
この前は経済雑誌でお見かけしたりと

それぞれ異動をしながら、
露出する偉い立場になられています。

他方で、会社が年々大きくなっている中では、
異動はある意味当たり前で、
会社が成長しているかどうかは、
人事異動でもある程度判断できるかもと感じました。

例えば、当時は皆SVの仕事をしていましたが、
7,8年の年月を経て、
多くは店舗出店の部隊に異動しました。

国内のCVSは、ご存知の通り、
どれだけ新規に出店して、店舗増にするかが、
インフラ網としても、物流にしても、
販売量にしても、仕入れ量にしても、なんにしても
ドミナントの上で、店舗数は最重点項目になるので、
会社の重要項目が平均日版よりも出店数に推移しています。
その為、優秀人材をSVから店舗出店に異動させています。

また多くの企業は、事業の選択と集中の過程の中で、
人員異動を行っています。

そう、成長企業では、人事異動は普通のことなんですよね。
仕事柄、部署異動を期に転職の相談というケースが多いので、
異動はどうなんだ?と思ったりすることもあるのですが、

冷静に考えれば、人事異動は当たり前のことなんだなと
再認識できました。

そして、その大多数はその異動を受け入れている
という事実もあります。
もちろん、各論ではいろいろあるとは思いますが。

とすると、結局はやはり人事異動は
本人の捉え方次第だなと思ったりします。

答えがある話ではありませんが、
色々と考える良ききっかけでした。

今度は呑みに連れて行ってもらおうと思いますっ!