転職コンサルタントブログ

会社の看板を自分の力と勘違いしていた新人時代。

今日は新人ネタ、
私の新人時代の勘違い。
会社の力を自分の力と勘違いするの巻。

前職入社後のタイミングは怒濤の新規出店でした。
(まあ、それは今でも変わりませんが。)

その為、新規店舗のオープンに向けて
様々なメーカーさんをはじめとした
パートナー企業の力を借りて、
オープンの準備を進めていきます。

その準備の際、私は本部の人間ですので、
立場上は発注者ということもあって、
パートナー企業の方を業者として、
悪く言えばこきつかっていました。
入社2年目の頃です。

言い訳をすれば、
そういう先輩を見て育ってきたので、
そういうもんだと思っていました。

ただ、ある別の先輩にそういう接し方は
いけないと注意されて、
ようやく気づけました。

パートナー企業さんは、
私が背負っている企業の看板があるから、
丁寧に対応していただけているだけだと。

ほんとはずかしい話です。

それ以来私は態度を改め、
パートナー企業の方には敬語で、
感謝を忘れず、低姿勢で話をするようになりました。

そういう姿勢の変化が、
以前にこのブログでもたまに登場する
床清掃の夫婦と今でも友好的に
会話ができていたりする理由なのかなとも思います。

https://www.facebook.com/r4career.kaneko/posts/641951205825561

本当に勘違いしていました。
私が転職先で大手は視野に入れていなかったのは、
こういう背景もありました。

新人の皆さんも謙虚さを忘れずに、
おごらずに、勘違いせずにパートナーさんとは
接していきましょう。

※2014/04/19金子玄のFacebookに掲載済 ≪2015/08/28に再編集≫