転職コンサルタントブログ

平時から生きる上での意思決定要素を備えておく。

なんか崇高なタイトルですね・・・。

朝6時過ぎ、出勤で駅に向かう道中の公園で、
朝から野球の練習を毎日している親子を見ます。
熱意がないとできないなといつも感心しています。

昨日、夜11時頃駅から家に帰る途中、
公園でブランコに乗って遊ぶ親子がいました。
教育上どうなんだ?とか、
もしかしたら、
この時間しか家族の時間がないのかな?とか
色々考えました。

けど結局、両方とも周りがどう評しようが関係なく、
最終的には当事者がどう思っているかが大事だなと思いながら、

自転車で坂道を一生懸命漕いでいました。
だいぶ涼しくなってきて、自転車も快適な季節ですね。

そう、転職も同じで、
自分が何を一番大切にしていきたいのか
考えて決めていくことは難しいですが、
ほんと大切なことだなと思います。

そして、年齢を重ねるほど、
その判断は背負うものが多くなり、難しくなってきます。

家族、年収、地位、両親、体裁、仕事、勤務地、
人間関係、外部環境、ほかにも検討要素はたくさんあります。

我々の仕事はその意思決定をアシストすることではなく、
潜在的にある意思決定要素を抽出し、
本人に気付いていただくことだと思っています。
日々、面談をし、多くの方とお話をしますが、
1日、2日で簡単に決められるものではありません。

その意味で、普段から自分の生き方における
優先順位、大事にしていること、こだわり、など
明瞭化しておかないといけないなと
いつも自分に言い聞かせています。

個人的には最近は、
家族・体調が、意思決定要素になっている気がします。

転職活動をしない方でも
このページを読んでいただけている方も多いので、
この記事を読んで、
自身の生きるための意思決定の判断要素は何があげられるか?

そんなことを考える一助になれば幸いです。

※2014/07/16 金子 玄のFacebookに掲載済≪2015/09/16に再編中≫

転職コンサルタントブログ