転職コンサルタントブログ

転職活動は活躍するための助走期間。

さて、
今日は1社の選考のみが進み、内定が出た場合、
転職する決断ができるか?という話です。

難しい問題です。

やりたいことが明確で、
その仕事ができるとわかっていれば、
決断は難しくありません。

ただ、やりたいことが明確になっていない、
さらに言えば、転職する目的にwillがない場合は、
1社で決断することは難しいかもしれません。

そりゃそうです、
判断の物差しが明確でなければ、
比較検討しようがありませんから。

とすると、人は迷います。

そして、迷った結果、チャレンジしよう!と決断する人と、
ステイの判断をする方に分かれます。

この場合、チャレンジした方は、
転職先でも活躍されているケースが多いです。

悩んだ上で、覚悟が決まり、進むので、
その覚悟が活動の原動力になり、
推進力が高いケースが多いからだと考えています。

他方で、ステイを決断された方は、
その後、活動を継続するも、
それ以上の自分にマッチする求人を見つけられず、
その後、ステイの決断を後悔するという方も
多数いらっしゃいます。

この決断の差は、腹を括れるかに尽ると思っていますが、
では、どうすれば腹を括れるのでしょうか?

これ、自分自身にも言えることで、
腹を括れない時に、
どういうきっかけが必要かいつも考えるんですが、
迷っても答えはなくて、結局は最後は、
「えい、やー!」という勢いなんですよね。

とすると、その勢いを作るための助走が取れる状況か
どうかが結構重要かなと思います。

たまに助走なしで勢いつけれれる人もいますが、
これは多数ではないですね。

その助走を転職活動中に行える方は、
入社後活躍されている印象が強いです。

そう考えると転職活動は、
羽ばたくための助走期間かもと文章を書いていて思いました。
その意味で転職はwillがしっかりしていないといけません。

前に進めるにはwillが必要ですよね、なんでも。
(ワタシ、イロイロトココロアタリアリ)

※2014/07/30 金子 玄のFacebookに掲載済 ≪2015/10/06に再編集≫