転職コンサルタントブログ

40歳以上の転職が拡大するかどうかは 40歳以上の方のご活躍するかどうかにかかっています。【FB投稿】

今日はW杯のメンバー23人の発表がありましたね。
FC東京好きの私としては、
権田と森重が入ったので、良しとしましょう。
悲喜交々ありますが、
盛り上がってほしいものです!!

さて、今日は前回に引き続き、
人材不足の記事。
Yahooのトップニュースにもなっていますね。

『正社員化進む小売・飲食業、人手不足との関係は?』
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140512-00000021-wordleaf-nb

議論は色々とありますが、
社会問題となり始めていますよね。
ほんとどうなってしまうのでしょうか?

他方で、一般的には40歳以上の転職は
相変わらず厳しいものとなってます。

その背景には年収、組織ピラミッドバランス、
定着性等、様々な問題があります。
国が人材の流動化支援を促進していますが、
まだまだ現場レベルの実感値としては、
受け入れている企業は稀です。

ただ、ここ1年くらいで
有資格者・手に職系の職種は
だいぶ受け入れ緩和が進んでいる印象があります。

今後の受け入れ拡大が見込めるかどうかは、
40歳以上の方が実際に入社して、
ご活躍いただけるかにかかっている
と言っても過言ではありません。

いわゆる前例というやつです。
企業としては、最初の方が定着しないと、
次の受け入れがしにくいものになってきます。
ですので、受け入れ1人目が非常に大切です。

我々もその点を見極めながら、
マッチングにより注意を払っていかなければいけません。

個人的には年齢よりも、
本人の志向や意欲、
そして何より今までの経験が大切だと
考えていますので、
良き前例を作っていただける素地がある方は社会性を持って、
全力で支援していかなければいけないと感じています。

とかいう私も気づけば30代中盤。
価値ある40代になれるよう日々精進しなければなりません!

新着求人情報

求人情報一覧