R4CAREER 実績紹介

28歳  Nさん

前職 商社での営業
転職先 メーカーでの海外営業
年収 フラット
[ 転職理由 ]
上司から”できない”と言われ続け、自信をなくしていたNさんは、最終的に会社都合でご退職されました。
Nさんの会社は弊社とお取引があり、担当の人事の方から依頼を受けて転職活動のご支援を行いました。
[ コンサルタント感想 ]
転職活動において、転職回数はネックになることが多々あります。
その中でも、自己都合での退職経験を持つ求職者に対し懸念を感じられる企業様が多くいらっしゃいます。
つまり、転職活動において障壁となりうるのです。

面談を行う中で、Nさんは決して仕事ができないわけではなく、
きちんとした教育環境の下でなら、成長できる可能性を感じました。

Nさんは結婚を控えていらっしゃり、安定したメーカーでのご就業を希望されていました。
丁度タイミングよくメーカーでの若手向け営業ニーズを頂き、
面接でも好印象のNさんは、見事内定を手にしました。
現在は改善された職場環境の中で、仕事を頑張っておられます。

解雇社員を紹介して頂くほどの、企業の人事担当者との信頼関係と、
会社都合というレッテルを払拭し、その人の魅力を伝える提案力を武器に、
今後も、1人での多くの方の転職をご支援できるよう邁進して参ります。

23歳  Mさん

前職 機械商社(営業アシスタント)
転職先 人材ビジネス(営業アシスタント)
年収 ダウン
[ 転職理由 ]
就活で苦労してようやく手に入れた内定。転職することなく長く勤務すると決めていいたのですが、本当は入社したかった人材ビジネス業界への就職にあきらめがつかず、転職活動をスタートされました。
[ コンサルタント感想 ]
社会人経験が浅い事は、ご本人も十分理解した上での転職でしたので、
面談時にどうして人材ビジネスへ転職をしたいのか、そこで何をやりたいのかを面談時に細かくヒアリングさせて頂きました。
ご本人も納得した志望動機のもと、面接に挑めた事がこの転職の成功要因だと思います。

入社後、彼女にご状況をお伺いしました。
入社直後は、仕事を覚える事でいっぱいいっぱいだったそうですが、
理想とした業界で恵まれた上司の下、仕事が出来るのは、大変だけとやりがいが大きいと仰っておりました。今後、ますますのご活躍を陰ながら応援したいです。

26歳  O・Mさん

前職 派遣事務
転職先 物流企業での営業事務
年収 アップ
[ 転職理由 ]
ご自身の派遣先の閉鎖が決まり、派遣としてこのまま別の会社に勤務するかそれとも新しく何かを始めるかを考えた時に、新卒の時に叶わなかった業界で勤務したいという思いが湧いてきていました。彼女は小さい頃から輸送機や貨物が好きで、大きくなったら物流会社に就職したいと思っていました。
[ コンサルタント感想 ]
なぜ、物流業界に関わりたいのか突き詰めていった時、幼い頃から好きだった事を引き出し、より何故この業界に携りたいかと明確化していただきました。

事務職だけでなく、野外の現場仕事も伴う、女性にはハードルの高い仕事でした。
実際のところどのようの環境で働くのかを確認するため現場を直接見に行き、所長様に実際のお仕事の様子をみせてもらい、ありのままの仕事内容を伝えた事により、仕事のイメージを明確に持つことができ、なにより挑戦したいという思いが高まったと言えます。

26歳  T・Tさん

前職 私鉄企業IT子会社
転職先 資本系SIer
年収 アップ
[ 転職理由 ]
現職の同僚や先輩には恵まれているものの、
年収アップが見込めず、またアサインした案件でのキャリアアップが見いだせず、転職を検討。
[ コンサルタント感想 ]
地頭の良さを感じる若手でした。
全体を俯瞰して見る能力は同世代の中でも高く、好感を持てた。
最終的に2社前向きな企業が出てきた中で、メーカー系IT子会社を選択。
キャリアアップが見込める環境であり、本人の志向にもマッチしていた。

27歳  K・Yさん

前職 メーカー製造職(元地銀営業マン)
転職先 会計コンサルタント
年収 フラット
[ 転職理由 ]
現職メーカーでの取引減少に対する、将来性の不安があり、転職を検討。
元々営業畑ということもあり、営業職を再度志望。
[ コンサルタント感想 ]
エントリーから選考まで、この方も企業も滞りなく進めたことが縁を創出できた要因です。
コンサル職は未経験だったこともあり、企業に可能性を感じていただくためにご本人の人物面の魅力、誠実さなどポテンシャルをどれだけアピールできるかもポイントになりました。

23歳  Dさん

前職 機械加工職
転職先 資本系特定派遣企業設計職
年収 アップ
[ 転職理由 ]
まだ若いものの、不運にも転職を2回経験している方です。
1社目は仕事で使う液体が身体に合わず、退職。2社目は上司のパワハラが強く人が定着しない部署に配属され、踏ん張ってきたものの、耐え切れず退職。
今までの経験を踏まえ、彼としては、次の進路をどうすべきか悩んでいました。
[ コンサルタント感想 ]
元々、電気電子系の学部出身にも関わらず、機械系の仕事を2社ともおこなってきていました。

転職経緯は捉え方の部分があるので、人によって解釈は異なりますが、
私の印象としては、コミュニケーションは全く問題なく、また電気電子系の仕事をしてみれば、大きく変わる(化ける)可能性はあるのではというのが、第1印象でした。

しかし、他方で、少し頑固な印象もあったので、
まずは自分の立ち位置(市場価値)を理解してもらった上で、
そのうえで、次こそは最後にしなければいけないので、
相当な覚悟が必要であること、次はどんなことがあってもふんばらなければいけない必要性を何度もお伝えしました。

最終的には相応の覚悟を持っていただき、まだリカバリーチャンスがある特定派遣の企業を中心にアプローチしました。

結果的には、持ち前のコミュニケーション能力を発揮し、2社から内定を獲得。最終的には電気系の設計職へのチャンスを獲得しました。

転職はあくまでスタートでしかないので、
今後も継続的な努力が必要だと思いますが、
その努力を通じて、自己成長・キャリア構築につなげてくれることを期待しています!頑張って(^^)/

23歳  Fさん

前職 広告会社の営業
転職先 営業アウトソーシング会社の営業職
年収 アップ
[ 転職理由 ]
新規飛込み型の営業職に就職したものの、自分が自信を持って売れないという点と、飛び込み営業というスタンスについていくことが難しく、入社後半年で退職されています。
[ コンサルタント感想 ]
最初は営業職には抵抗があり、営業職以外で転職活動を伴奏しましたが、半年で退職していることもあり、なかなか上手くいきませんでした。しかし、一緒に今後を考えていく中で、今後のキャリアをしっかり作っていくという観点に立った時、やはり営業職がベストな選択というお話をして、少し時間はかかりましたが、最終的にはFさんもその話に納得いただき、後半は営業職で応募していきました。
ただ、それでもなかなか内定が出なかったのですが、本人との約半年の伴走の中で、本人の前向きな気持ちの変化は感じられたので、あきらめずに取り組んだ結果、ようやく内定を手にしました。
ようやく再出発のスタートラインにたどり着けたので、ここから心機一転頑張っていただき、数年後中核人材に成長していることを期待しています!

24歳  Mさん

前職 技術派遣会社の社員として化学系メーカーで実験・評価
転職先 中小FAメーカーでの技術職
年収 フラット
[ 転職理由 ]
縁もゆかりもない関西地区で2年ほど、1人で出向して、業務に付いており、今後のキャリアが見出しにくい環境であったため、不安に感じ、そのタイミングで東海地区へUターンしたいと考え、転職活動をされていました。
[ コンサルタント感想 ]
入社企業は次世代を担う若手が少なく、世代交代を鑑みて、新卒採用を検討されていましたが、中小企業の為、教育人員が充実している訳ではないので、社会人経験があり、ポテンシャルを感じる吸収力が高いタイプの方が、定着・活躍の可能性が高まるという第2新卒の採用メリットをきちんとお伝えし、面接にてその通りの評価をいただき、入社が決まりました。

25歳  Sさん

前職 地元の証券会社 個人営業
転職先 特定技術派遣の法人営業
年収 フラット
[ 転職理由 ]
3年間勤め、成果は出していたものの、良心という点で、この業界で長く勤めていくのは難しいと考え、異業界へ転職することを決めた方です。
[ コンサルタント感想 ]
今までは個人向けのクライアントが中心であったため、大手メーカーの技術者への営業職としては、知識面での不安はありましたが、Sさんが明るく元気で、前向きな人材であるという点を評価いただき、入社が決まりました。

個人向け→法人向けの営業は年齢が高くなればなるほど求人企業が敬遠しがちなケースが多く、本人の意欲が採用に結びついた好ケースです。

24歳  Hさん

前職 機械工学系大学出身  個人向けリフォーム営業
転職先 大手技術者派遣会社 機械設計
年収 フラット
[ 転職理由 ]
就職活動時はメーカーでの就業を希望されていましたが、就職叶わず、営業職に就職。
しかし、その夢を諦めきれずに、営業を2年経験したタイミングで、転職を決意されました。
[ コンサルタント感想 ]
今回の求人については、景況感のタイミングの要素も多い案件かなと考えます。
メーカー職を希望される方も多いですが、特定派遣業界という業界ひとくくりでで考えるのではなく、今回の決定企業のように個社で考え、自分のタイプ・志向にあっているか、将来的なキャリアアップのチャンスがあるのかどうかという視点で選んでいただきました。

メーカーに勤めているから安心、特定派遣だから不安というハード面だけの切り分けだけではなく、個社ごとに検討していく時代になっているなかで、良い決断をいただいた事例だと思っています。